珠肌ランシェル

珠肌ランシェルの良い口コミ、悪い口コミ徹底調査!人気の秘密は?

珠肌ランシェルの良い口コミ、悪い口コミ徹底調査!珠肌ランシェルの口コミの評判は?人気の秘密は?

ホーム » 肌情報 » 

気になるほうれい線の原因は?改善するヒント

 

鏡を見るたびに、「ほうれい線がなければもう少し若く見えるのに」と思うことはありませんか?

たった2本のほうれい線があるだけで、5~10歳は老けて見えてしまいます。

 

ほうれい線はシワと思われがちですが、シワではなく、頬の境界線です。

主な原因は皮膚のたるみで、その他の要素が複雑に絡み合っています。

 

ほうれい線の原因

ほうれい線の3大原因は、「真皮の衰え」「表情筋の衰え」「皮下組織・皮下脂肪の衰え・肥大化」です。

 

真皮の衰え

真皮には、コラーゲンが70%、エラスチンが2~3%含まれており、ハリや弾力の元となっています。

コラーゲンとエラスチンが減少し、ハリや弾力が失われることで、皮膚がたるみ、ほうれい線の原因となるのです。

 

真皮の衰えはさまざまな要因があり、なかでも紫外線は肌で活性酸素が増やし、酸化を促進させてしまいます。

 

表情筋の衰え

顔には30以上の筋肉があり、口輪筋(こうりんきん)と頬筋(きょうきん)がほうれい線に関わっています。

 

口輪筋は唇まわりの筋肉で、口元の表情を作る役割があります。

口輪筋が衰えると口周りのたるみとなってしまいます。

 

頬筋は顎関節から口角につながっている筋肉です。

頬筋が衰えると、口角が下がって、ほうれい線の元になってしまいます。

 

表情が乏しかったり、口数が少なかったり、表情筋を使わないことでどんどん衰えてしまうのです。

 

皮下組織・皮下脂肪の衰え・肥大化

ほうれい線周りの皮下脂肪は多く、皮下脂肪が肥大化することで、支えている繊維組織が伸びてしまったり、真皮の細胞分裂を抑制してしまったりします。

 

その他の原因

むくみや無理なダイエット、姿勢の悪さ、骨格などの遺伝的要素も、ほうれい線の原因となります。

 

ほうれい線を改善するヒント

ほうれい線の改善には、タイプ別の対策が必要です。

 

ほうれい線が浅い場合

ほうれい線が浅いのは、乾燥やむくみが原因と考えられます。

20代~30代で見られるほうれい線の原因は、乾燥やむくみがほとんどでしょう。

 

乾燥の場合、保湿が重要です。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが含まれている化粧品を使って、しっかりと保湿しましょう。

 

むくみが原因の場合、舌回しエクササイズで滞った老廃物の排出を促します。

 

ほうれい線が深い場合

ほうれい線が深いのは、加齢による真皮の衰えや表情筋の衰えが原因です。

40代以降は加齢による衰えが原因になります。

 

コラーゲン生成を促進させるためには、栄養バランスのよい食事や、良質な睡眠が大切です。

レチノールやビタミンC誘導体を含む化粧品で保湿をしっかりとします。

 

また、リンパマッサージで表情筋を鍛えるとよいでしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ほうれい線の主な原因はたるみであることが分かりました。

 

年齢とともに目立ち、改善が難しくなるほうれい線は、タイプ別の早め早めのケアで改善していきましょう。

お肌の老化の原因を知り、適切なエイジングケアを!

 

お肌の機能が衰える老化は、加齢とともにいやおうなくやってきます。

なぜ、加齢とともにシミやシワ、たるみ、くすみなどのエイジングサインが現れるのでしょうか。

 

老化の原因を知り、適切なエイジングケアで若々しい美肌を維持していきましょう。

 

お肌の老化の原因

お肌の老化の原因は、さまざまな要素が互いに関係しているといわれています。

 

加齢

加齢により全てのお肌の機能や成分が老化・減少していきます。

ターンオーバー・女性ホルモン・水分・皮脂・セラミド・コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸がお肌の若さを保つ要素です。

 

光老化

紫外線により、シミやシワ、たるみが引き起こされる現象をいいます。

肌の真皮にあるコラーゲンとエラスチンが、紫外線によって破壊されるため、肌のハリが失われるのです。

 

酸化

過剰な活性酸素が脂質と結合して過酸化脂質となり、細胞を酸化させるものです。

お肌の細胞が酸化すると、真皮のコラーゲンが硬くなり、弾力が低下してしまいます。

 

乾燥

乾燥は、お肌の再生サイクルであるターンオーバーが乱れることが原因です。

バリア機能が低下し、水分を失って乾燥したお肌は、ハリや弾力がなくなって小じわができてしまいます。

 

糖化

糖化とは、過剰な糖分がタンパク質と結合し、分解が困難な老化物質となり、体内に蓄積される現象です。

お肌で糖化が起こると、コラーゲンが硬くなってハリが失われたり、黄色くくすんだ色になったりします。

 

菲薄化

菲薄化とは、お肌のコラーゲンやエラスチンが加齢とともに減少し、皮膚が薄くなってしまう現象です。

シワやたるみ、ほうれい線などのエイジングサインの原因となります。

 

女性ホルモンの減少

25~30歳前後をピークに減少する女性ホルモンは、コラーゲン生成を助ける役割があります。

ホルモンの減少とともにコラーゲン生成量も減り、お肌の弾力が失われてしまうのです。

 

血管やリンパ管の老化

血管が衰えることで、お肌が必要とする栄養素が行き届きにくくなります。

リンパ管の老化も、お肌の老廃物を排出しにくくなります。

 

お肌の老化を防ぐには?

お肌の老化を防ぐには、これまで見てきた老化の原因を極力取り除くことが必要です。

 

紫外線対策

日焼け止めはこまめに塗りなおし、紫外線を防ぐ衣類や帽子、サングラスを身に着けましょう。

紫外線を浴びてしまった後は、抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを摂取するようにします。

 

ターンオーバー促進

お肌がごわついているときは、ターンオーバーが遅くなっているサインです。

酵素洗顔を使い、古くなった角質を洗い流しましょう。

 

このほか、フェイスパックで保湿効果を高める、バランスのよい食事や適度な運動を心がける、ストレスを発散して睡眠を十分にとるなどが挙げられます。

 

おわりに

お肌の老化の原因とメカニズムを理解し、体の内側からのケアも必要だということがお分かりいただけましたでしょうか。

 

適切なエイジングケアで、若々しい美肌を維持して下さいね!

 

 

スキンケアの基本の順番は?絶対に守るべき3点を意識しよう

 

女性であればスキンケアは毎日のことなので、何も考えずとも手が動きますよね。

 

毎朝毎晩、当たり前のようにしているスキンケアですが、自分のスキンケアが正しいのかと考えたことはあるでしょうか?

 

そもそも、スキンケアの基本とはなんでしょう。普段何気なく行っているスキンケアは、本当に基本に則ったものなのでしょうか。

 

今回は、スキンケアの基本のやり方と注意点をご紹介します。

 

初心に戻って、自分のスキンケアを改めて見直してみませんか?

 

スキンケアってどこまでのこと?

スキンケアという言葉を日常的に使ってはいますが、そもそもスキンケアはどこからどこまでを指すのでしょうか。

 

人によっては肌に関すること全てでしょうし、別の人にとっては美白やしわ取りのためなど特別なことだけを指すこともあるでしょう。

 

スキンケアの定義とは、「美しく健康な肌を保つために手入れをすること」です。そのため、どこからどこまでと言い切ることは出来ません。

 

一般的には、洗顔からその後のお手入れ全てを指すと考えて差し支えないでしょう。

 

スキンケアの順番は?

さて、スキンケアで重要になるのは、行う順番です。順番を間違えてしまうと、どれだけ質の良い基礎化粧品を使っていても、全く意味がありません。

 

まず大切なのは洗顔から

一日の終わりには、お化粧だけではなく、その日の汚れを全て落とす必要があります。

 

人間の肌には目に見えない汚れがたくさん付いています。その後のケアのためにも洗顔は大切にしましょう。

 

洗顔はまずクレンジングから行いますが、お化粧を落とすことに集中しすぎて強く長く擦るのは厳禁です。

 

確かにお化粧はしっかりと落とすべきですが、クレンジングは肌への負担も大きいため、長く強く使うのはかえって肌を痛めてしまいます。短い時間でそっと行うようにしましょう。

 

次に洗顔ですが、こちらも何よりやさしくが鉄則です。泡洗顔は今や皆さんが行っているでしょうが、泡であれば何でも良いわけでは無く、出来るだけきめ細かい泡を作るようにしましょう。

 

洗顔は、泡を肌へ滑らすように、手は直接肌に触れないくらいの加減で行います。

全体をまんべんなく、しかしこちらも長く行うのはNGです。

 

洗顔後の順番は?

洗顔が終わったら、いよいよ基礎化粧品でのケアになります。

 

基礎化粧品は人によって使っている種類や本数も違うでしょう。化粧水だけで済ませてしまう人もいれば、角質ケアやアイクリームまで使用する人もいます。

 

基礎化粧品の基本の順番は、化粧水→美容液→乳液や保湿クリーム、になります。

 

化粧水

化粧水の役割は、保湿ではありません。水分を与えることで肌を整え、その後のスキンケア製品の浸透を手助けしてくれるのです。

 

そのため、「肌を保湿しておけばいいから化粧水だけでもしておこう」という考えは間違っています。

 

化粧水だけで終えることは、スキンケアではないことを覚えておきましょう。

 

美容液

美容液は文字通り、保湿や美白など様々な美容成分の配合された製品です。

化粧水で整えた肌へ美容成分を浸透させて、潤いのある肌へと導いていきます。

 

・乳液やクリーム

乳液は、ここまでの美容成分を肌に閉じ込める役割があります。

ただし、油分を含んでいるため、夏場など潤いを感じている時には必ずしも使用する必要はありません。

 

しかし、乾燥している冬にはぜひ取り入れたい製品です。

 

クリームは乳液よりも油分が多いため、どちらが良いのかは肌の調子を見ながら選ぶと良いでしょう。

 

絶対に守りたい3点とは

ここまでスキンケアの基本を見てきましたが、潤いのある美しい肌を守るためにはぜひ守りたいことがあります。

 

洗顔は必ずぬるま湯で柔らかく

洗顔に熱いお湯を使用すると、肌を乾燥させて痛めてしまいます。

入浴中にはぬるすぎると感じるくらいが丁度良い温度でしょう。

 

美容液の使用は必須

美容液は最も重要なアイテムと言えます。

 

お値段的には高価なものが多く、美容液を省いて乳液やクリームを使う人もいるでしょうが、美容液は必ず使うようにしましょう。

 

スキンケア方法は毎日確認して変えること

スキンケアは毎日同じことをすればいいというわけではありません。

 

その日のお肌のコンディションによって変える必要があります。また、季節によっても変える必要があります。

 

先に述べた通り、乳液を省くなど減らすことはあっても、基本的に量を増やすということはまずありません。それぞれに適正な量というのがありますので、きちんと守るようにしましょう。

 

例えば乾燥しているからと言って、ベタベタとたくさん塗るのはかえってお肌に良くありません。

 

まとめ

同じ基礎化粧品を使っていても、ほんの些細なことがお肌にダメージを与えることもあります。

 

女性の顔は、特にお肌がデリケートな部分でもあります。

 

どんなに急いでいる時でも、お肌と向き合う時はゆっくりと丁寧にケアをしたいですね。

 

いつでもお肌の状態に気を配りながら、自分に合ったスキンケアを実践するようにしましょう。

 

肌を大豆効果で内側からツルツルに!簡単で効果的な食べ物3選

 

「最近肌が荒れてるし、寒くなったから乾燥もひどい・・」

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

しっかりとしたスキンケアをして、加湿にも気を配っているのに肌の調子が悪い時は普段口にしている食べ物に関係があるのかもしれません。

 

食べ物は、肌質や肌色にも大きな影響を与えます。

 

内側からツルツルの肌を手に入れるためには、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか?

 

ツルツルお肌に必要な栄養素

肌質を整えるために必要な栄養素はたくさんあります。

 

代表的なところだけでも、ビタミンA、B2、B6、C、E、ヒアルロン酸に鉄分、たんぱく質など、これだけだと言い切ることは出来ません。

 

食べ物で言えば、緑黄色野菜に青魚、鶏肉と豚肉に乳製品、豆類など、こちらもいくらでも挙げることが出来ます。

 

ツルツルお肌を手に入れるためには、野菜も肉も魚も、バランスの良い食事を摂ることが不可欠です。

 

しかし、あらゆる食材を順番に食べるのは難しい作業ですよね。

 

ここで、ツルツルお肌のための食べ物で、簡単かつ効果的なものをご紹介します。

 

いつでも手軽に効果的な食べ物

もし時間がある時には、必要な栄養素をまんべんなく摂るようにしましょう。

 

ここでは、お助け食材を見ていくことにします。

 

納豆

まずは納豆をお勧めします。

 

納豆は比較的日持ちがするので、買い置きも出来ますよね。

 

納豆には食物繊維が多く、腸内環境を整えてくれます。そして、皮脂コントロールに優れたビタミンB2も含まれています。

 

他に大豆イソフラボンはホルモンバランスを整えてコラーゲンやヒアルロン酸を作り出し、ポリグルタミン酸には保湿効果も期待出来るというお肌に良いこと尽くめの食材と言えます。

 

大豆はたんぱく質やビタミン、カルシウムなども含まれているので、栄養素の宝庫とも言えます。

 

酢大豆

またしても大豆の登場ですが、酢大豆というとダイエット関連で登場することが多いのではないでしょうか。

 

しかし、酢大豆の効能はアンチエイジングとしても優秀なのです。

 

大豆の効果は先に述べましたが、お酢には豊富なアミノ酸が含まれています。アミノ酸はコラーゲンの原料にもなりますし、肌にツヤと弾力をもたらしてくれます。

 

出来れば血液サラサラ効果のある黒酢で作ると一層効果的ですが、味に癖が出るため、苦手な方はまず普通のお酢で作ってみると良いでしょう。

 

最初だけひと手間ではありますが、作り置きが出来るため、まとめて作って毎日少しずつ食べるとお手軽で嬉しいですね。

 

野菜スティックの味噌付け

これもまた非常に簡単です。

 

野菜はあるもので良いのですが、例えば人参や大根は買い置きしていることが多い食材ですよね。セロリやアスパラガスも良いでしょう。

 

温野菜でも良いですし、生で食べられるものならますますお手軽です。

 

野菜スティックには様々な美味しいディップソースがありますが、ここではお肌のために味噌をお勧めします。味噌だけで食べにくい場合には、マヨネーズや砂糖を少量プラスしても良いかもしれませんね。

 

味噌は発酵食品であり、リノール酸というメラニンの生成を抑制する成分が含まれています。リノール酸は抗炎症作用があり、保湿効果を高めることが出来ます。

 

また、味噌の主成分には大豆が含まれています。大豆については、もう説明するまでもありませんね。

 

ここに挙げた3つは、普段の食事にプラスできる簡単なものばかりです。

時間がない時には、どれかひとつをプラスしてみてはいかがでしょうか?

なんでも食べ過ぎはNG!

大豆は栄養価が高く、お肌にも良いことがわかりましたが、食べ過ぎには注意する必要があります。

 

大豆イソフラボンは、過剰に摂取すると血中ホルモン値が変動したり、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう危険性があります。

 

 

もちろん通常の食事の範囲内では問題はなく、むしろ健康に有益な食材です。

 

肌に良いからと毎食納豆ばかりを食べ続けたり、酢大豆を一気に食べたりという方法は、却って身体に良くないので、注意しましょう。

 

また、味噌には塩分も含まれているため、塩分の摂り過ぎにならないよう注意が必要です。

 

まとめ

大豆には豊富な栄養素が含まれていることがわかりました。

 

大豆は日本人にとってはとても身近な食材ですので、スーパーでも簡単に手に入ります。

また、大豆は缶詰の水煮でも乾物でも良いですし、味噌についても買い置きが出来るのでいつでも作ることが出来ますよね。

 

お肌のためにバランスの良い食事を心がけながらも、忙しい時にはぜひお試しくださいね。

 

肌が乾燥する3つの原因とは?悪い習慣を変えて乾燥肌を撃退!

 

毎年秋になって空気が乾燥してくると、肌のお手入れにもより力が入りますよね。

 

夏は紫外線に悩まされ、秋冬は乾燥に悩まされる・・いつでもスキンケアを怠ることは出来ません。

 

そもそも、しっかりスキンケアをしていても、肌の乾燥を防ぐことは中々出来ませんよね。

 

それでも、いつでも肌がつやつやしている女性もいるのはなぜなのでしょうか。

 

今回は、肌が乾燥する原因と、その対処法をご紹介します。

 

寒くなってもぷるぷるの肌を保てるように。ぜひ実践してみてくださいね。

 

どうして肌が乾燥するの?原因は?

本来、人間の肌には水分を保って肌を外部から守る機能が備わっています。

 

それなのに、肌の水分量が減ってしまい、セラミドなどの保湿能力が低下して乾燥肌になってしまう人は年々増えています。その理由はどこにあるのでしょうか。

 

スキンケアの方法

綺麗な肌を保つために一生懸命行っているスキンケアが、却って肌を痛めつけてしまうことがあります。

 

例えば、肌の荒れやシミ、しわなどをケアするために、過度な洗顔やマッサージを行っていないでしょうか。

 

肌は刺激に弱いため、強く擦ったりマッサージをしたりすることで、必要な水分や油分をそぎ落としてしまったり、シミの原因を作ってしまうことにもなります。

 

また、お湯の温度も重要です。熱いお湯は皮脂を溶かして乾燥させる大きな原因となります。

 

寒くても洗顔はぬるま湯でするように心がけましょう。

 

ライフスタイル

肌は外的要因だけで乾燥するわけではありません。内的要因も同じくらい重要となります。

 

ライフスタイルと大きくまとめたのは、食生活や睡眠、仕事の忙しさやストレスなど、全てが肌の乾燥に繋がっているからです。

 

食生活は乱れていませんか?

 

ビタミンやミネラルが欠乏していたり、インスタントの食事や外食が続く、あるいは食事を摂らないことなど、どれも肌には大敵です。

 

また、仕事が忙しかったり人間関係のトラブルがあったりと、ストレスを大量に溜め込んでいませんか?

 

ストレスは睡眠不足にも繋がりますし、体調を悪くする可能性もあります。

 

体調が悪くなると内臓にも異変がありますし、内臓の病気は肌にも影響を与えます。

 

自分では防ぐことの出来ない要因

ここまでは、自分で蒔いた種と言えないことも無いのですが、もうひとつどうしても防ぐことの出来ない要因があります。

 

それは自分で調整することのできないこと、つまり加齢、体質、季節、暖房器具です。

 

人間は誰しも年を重ねますが、年齢によって肌が持つ保湿成分を生成する力は違います。年をとるほど、低下していきます。

 

また、生まれつきの体質は一朝一夕に改善できませんよね。

 

冬になれば日本全国湿度が下がりますし、職場や店舗など、自分で調整出来ない暖房器具も、肌の水分を根こそぎ持って行ってしまいます。

 

こうして見てみると、夏はともかく冬は肌を乾燥させないことの方が難しいですよね。

 

悪い習慣は断ち切ろう!

では、肌を乾燥から守るために何が出来るでしょうか?

 

まず自分で出来ることは、スキンケアの方法とライフスタイルを見直すことです。

 

どれだけ忙しくても、食事はバランスよくしっかりと摂ること、睡眠もしっかりと取ること、そして正しい方法でスキンケアを行うことを守りましょう。

 

どれかひとつだけ守るのでは、肌の潤いは取り戻せません。すぐに劇的に良くなるということはありませんが、毎日しっかりと続けることが大切です。

 

また、3つ目の「自分では防ぐことの出来ない要因」も、要因は取り除けなくても、ケアの仕方で緩和することは出来ます。

 

保湿成分のしっかりと入った化粧品を使用する、肌に合ったものや年齢に合ったものをきちんと選ぶ、暖房器具には「卓上加湿器」などの器具で対抗する、など、自分で出来ることはたくさんあります。

 

「体質だから」「冬だから」と簡単に諦めてしまうと、肌の状態はいつまでも良くなりません。

 

ぜひ一度、自分の生活を振り返ってみましょう。

 

まとめ

乾燥肌は、女性にとって永遠に悩まされる問題と言えるかもしれません。

 

しかし、習慣を変えるだけで肌を変えていくことは出来ます。

 

いつでも同じ方法ではなく、夏には夏、冬には冬に合った正しいスキンケアをする必要があります。

 

美しく潤った肌を手に入れるために、今日から早速スキンケアを見直してみましょう。

 

カテゴリー
最近の投稿