ほうれい線,原因

珠肌ランシェルの良い口コミ、悪い口コミ徹底調査!人気の秘密は?

珠肌ランシェルの良い口コミ、悪い口コミ徹底調査!珠肌ランシェルの口コミの評判は?人気の秘密は?

ホーム » 肌情報 » 気になるほうれい線の原因は?改善するヒント

気になるほうれい線の原因は?改善するヒント

 

鏡を見るたびに、「ほうれい線がなければもう少し若く見えるのに」と思うことはありませんか?

たった2本のほうれい線があるだけで、5~10歳は老けて見えてしまいます。

 

ほうれい線はシワと思われがちですが、シワではなく、頬の境界線です。

主な原因は皮膚のたるみで、その他の要素が複雑に絡み合っています。

 

ほうれい線の原因

ほうれい線の3大原因は、「真皮の衰え」「表情筋の衰え」「皮下組織・皮下脂肪の衰え・肥大化」です。

 

真皮の衰え

真皮には、コラーゲンが70%、エラスチンが2~3%含まれており、ハリや弾力の元となっています。

コラーゲンとエラスチンが減少し、ハリや弾力が失われることで、皮膚がたるみ、ほうれい線の原因となるのです。

 

真皮の衰えはさまざまな要因があり、なかでも紫外線は肌で活性酸素が増やし、酸化を促進させてしまいます。

 

表情筋の衰え

顔には30以上の筋肉があり、口輪筋(こうりんきん)と頬筋(きょうきん)がほうれい線に関わっています。

 

口輪筋は唇まわりの筋肉で、口元の表情を作る役割があります。

口輪筋が衰えると口周りのたるみとなってしまいます。

 

頬筋は顎関節から口角につながっている筋肉です。

頬筋が衰えると、口角が下がって、ほうれい線の元になってしまいます。

 

表情が乏しかったり、口数が少なかったり、表情筋を使わないことでどんどん衰えてしまうのです。

 

皮下組織・皮下脂肪の衰え・肥大化

ほうれい線周りの皮下脂肪は多く、皮下脂肪が肥大化することで、支えている繊維組織が伸びてしまったり、真皮の細胞分裂を抑制してしまったりします。

 

その他の原因

むくみや無理なダイエット、姿勢の悪さ、骨格などの遺伝的要素も、ほうれい線の原因となります。

 

ほうれい線を改善するヒント

ほうれい線の改善には、タイプ別の対策が必要です。

 

ほうれい線が浅い場合

ほうれい線が浅いのは、乾燥やむくみが原因と考えられます。

20代~30代で見られるほうれい線の原因は、乾燥やむくみがほとんどでしょう。

 

乾燥の場合、保湿が重要です。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが含まれている化粧品を使って、しっかりと保湿しましょう。

 

むくみが原因の場合、舌回しエクササイズで滞った老廃物の排出を促します。

 

ほうれい線が深い場合

ほうれい線が深いのは、加齢による真皮の衰えや表情筋の衰えが原因です。

40代以降は加齢による衰えが原因になります。

 

コラーゲン生成を促進させるためには、栄養バランスのよい食事や、良質な睡眠が大切です。

レチノールやビタミンC誘導体を含む化粧品で保湿をしっかりとします。

 

また、リンパマッサージで表情筋を鍛えるとよいでしょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ほうれい線の主な原因はたるみであることが分かりました。

 

年齢とともに目立ち、改善が難しくなるほうれい線は、タイプ別の早め早めのケアで改善していきましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿